QLOOKアクセス解析
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Redmine  »  Redmineの完了したチケットの集計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Redmineの完了したチケットの集計

Redmineで発行チケット数、終了チケット数の
週間別グラフを作成しようと思いSQLを作成。

Googleで検索してみると
「アジャイルプログラマの日常」さんの記事で
やりたい事がほとんど達成出来ましたので流用させて頂きました。
感謝致します。

私の方はMySQL用のSQLで Redmineは1.2.0になります。

変更した点は以下の点だけになります。
・strftime⇒date_formatに変更
・s.is_closed = 't' の部分を s.is_closed = '1' に変更
・2 つめの select で journals に存在しないチケットの処理がありますが
 こちらは運用上不要でしたので削除しました。

select
  date_format(t.last_updated, '%Y-%m-%d') as date,
  count(*) as num_of_fixed_tickets
from
  (
    select
      max(j.created_on) as last_updated
      , max(i.status_id) as status_id
    from
    /* ジャーナルにステータス変更が
      存在するものだけを対象とする。
      チケット登録時にいきなり
      「終了」したチケットは対象にしない */
      issues as i
      inner join journals as j
       on i.id = j.journalized_id
      inner join journal_details as d
       on j.id = d.journal_id
    where
      j.journalized_type = 'Issue'
      and d.prop_key = 'status_id'
    group by
      i.id
    ) as t
    inner join issue_statuses as s
     on t.status_id = s.id
where
  /* ステータスで「終了したチケット」の
    フラグがONのものを対象とする */
  s.is_closed = '1'
group by
  date_format(t.last_updated, '%Y-%m-%d')
order by date

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。