QLOOKアクセス解析
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Redmine  »  redmineのER図を生成してみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

redmineのER図を生成してみた

redmineの仕組みを理解するためにER図をリバースエンジニアリングしてみました。

利用してみたのは以下の2つのツールです。

◆a5SQL Mk-2 - フリーの汎用SQL開発環境-ER図ツール
http://www.wind.sannet.ne.jp/m_matsu/developer/a5m2/

◆MySQL Workbench 5.2.34

VC2010が必要。
ランタイムは以下からダウンロードする。
Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=a7b7a05e-6de6-4d3a-a423-37bf0912db84

a5SQL Mk-2はフリーのソフトですがとても優秀で色々な事ができます。
このようなソフトを作成されている作者に感謝です。
このソフトで出力してみたER図を張り付けておきます。
※拡張メタファイルです。
RedmineのER図

リレーションは無い状態ですが、意外にシンプルな構造でこのレベルの図だけあれば
カスタマイズやプラグイン開発には十分そうです。

あとは各アクション時のSQLログを見ながら学んで行こうと思います。
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。