QLOOKアクセス解析
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  データベース  »  gitとGitHubの使い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gitとGitHubの使い方

git/GitHubの使い方。
ここでは既にローカルで作成済みのファイルを
GitHubで管理するところまでを説明。

GitHubのアカウント、リポジトリは
あらかじめ作成済みのものとします。

▼ユーザ名とe-mailの設定
git config --global user.name "Your UserName"
git config --global user.email "Your Email"

▼ログ出力などをカラーにして見やすくする。
git config --global color.ui auto

▼ローカルのフォルダをgitの管理対象にする。
対象のフォルダに移動して以下のコマンドを実行。
ここでは ~/gitwork を管理対象としてます。
管理しないファイルを指定する場合は、管理対象フォルダの
トップフォルダに「.gitignore」を作成して指定します。

cd ~/gitwork
git init

ちなみに、既にリポジトリで管理されているファイルを
変更したい場合は、以下のコマンドで取得します。
git close <リポジトリ名>

▼作業フォルダ配下のファイルをバージョン管理に追加。
git add .

▼バージョン管理対象野ファイルをリポジトリにコミット。
git commit -m "Your first Commit"

▼SSHの作成とGitHubへの登録。
以下のGitHubのヘルプを参照。
https://help.github.com/articles/generating-ssh-keys

▼GitHubにPushする。
git remote add origin https://github.com/①/②
git push origin master
# ①はあなたのGitHubのID.
# ②はリボジジトリ名 + ".git"
# 例:https://github.com/mygithubid/myrepo.git

▼参考URL
分散バージョン管理システムGitの使い方入門 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載

サルでもわかるGit入門 〜バージョン管理を使いこなそう〜 | どこでもプロジェクト管理バックログ

gitとgithubの使い方、を思い出す。 - KJ blog

github 超入門 - glasses factory

Gitを使いこなすための20のコマンド - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。