QLOOKアクセス解析
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  その他  »  CentOS6.2でgdb

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS6.2でgdb

CentOSでgdbを使おうと思った時に色々戸惑ったのでメモ。

まず使おうとすると以下のようなエラーが発生。

use: debuginfo-install glibc-2.12-1.47.el6_2.5.x86_64 ・・・

debuginfoが無いようなのでインストールするようにとのこと。
debuginfo-install コマンドを使ってインストールします。

ただ、言われたとおりdebuginfo-installコマンドを利用すると
「No debuginfo packages available to install」といったエラーが発生してしまうので

以下のように回避してインストール。
debuginfo-install --nogpgcheck --enablerepo debug glibc-2.12-1.47.el6_2.5.x86_64


nogpgcheck は普段使わないリポジトリを有効にするオプションです。
/etc/yum.repos.d/*.repo に記載されている無効("enabled=0")のリポジトリ を一回限り有効にします。
ここでは具体的には
/etc/yum.repos.d/CentOS-Debuginfo.repo
の debug セクションを一時的に有効にしています。

nogpgcheck はgpg署名の検査を無効にして実行するオプションです。






Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。