QLOOKアクセス解析
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  その他  »  ContOSでemacsのC-SPC(Mark Set)が効かない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ContOSでemacsのC-SPC(Mark Set)が効かない

少しハマったのでメモ。

CentOSを日本語化するのにibus+Anthyを利用していたのですが
デフォルトではC-SPC、全角/半角などが日本語入力切り替えのショートカットキーに
割り当てられています。

C-SPCはemacsでは Mark Setで重要なキーバインドなのですが
上記のデフォルト設定のままだと日本語入力切り替えとして動いてしまいます。

なのでemacs使いの方はC-SPCの日本語切り替えのショートカットキーを無効にしましょう。
メニューからシステム -> 設定 -> 入力メソッドを選択
入力メソッドの個人設定からショートカットキーの設定が行えます。



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。