QLOOKアクセス解析
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  その他  »  emacsの設定メモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

emacsの設定メモ

emacs23.1.1 の設定メモ。

emacs23では設定ファイルは以下が推奨。
/home/$USER/.emacs.d/init.el

emacsを再起動せずに反映するには以下のコマンドを実行
M-x eval-buffer


◆各種el
・anthy-el
yum install anthy-el
・tabbar
 以下より入手。
http://sourceforge.net/projects/emhacks/files/tabbar/

◆Windowsでの設定
環境変数 HOME を作成してemacsのフォルダを指定する。

◆参考ページ
おすすめEmacs設定 - ククログ(2011-02-16)
Emacs23 (Cocoa Emacs) 入門から中毒まで : 紹介マニア

◆init.elの内容

;;ロードパスの指定
(setq load-path (cons "~/.emacs.d/" load-path))
(add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/site-lisp")

;;カラーテーマの設定
;(require 'color-theme)
;(color-theme-initialize)
;(color-theme-classic)

; 日本語環境を指定
(set-language-environment 'Japanese)

; anthy.el をロードする。
(load-library "anthy")
; japanese-anthy をデフォルトの input-method にする。
(setq default-input-method "japanese-anthy")

; 出来れば utf-8 を使う
(prefer-coding-system 'utf-8)

;;; 初期フレームの設定
(setq initial-frame-alist
(append
'((top . 22) ; フレームの Y 位置(ピクセル数)
(left . 300) ; フレームの X 位置(ピクセル数)
(width . 100) ; フレーム幅(文字数)
(height . 50)) ; フレーム高(文字数)
initial-frame-alist))

; キーバインドのカスタマイズ
;(define-key global-map (kbd "C-h") 'delete-backward-char) ; 削除
;(define-key global-map (kbd "M-?") 'help-for-help) ; ヘルプ
(define-key global-map (kbd "C-c i") 'indent-region) ; インデント
(define-key global-map (kbd "C-c C-i") 'hippie-expand) ; 補完
(define-key global-map (kbd "C-c ;") 'comment-dwim) ; コメントアウト
(define-key global-map (kbd "C-o") 'toggle-input-method) ; 日本語入力切替
(define-key global-map (kbd "C-[ M-C-g") 'goto-line) ; 指定行へ移動

;;; 対応する括弧を光らせる。
(show-paren-mode 1)

;;; ウィンドウ内に収まらないときだけ括弧内も光らせる。
(setq show-paren-style 'mixed)

;;; 行末の空白を表示
(setq-default show-trailing-whitespace t)

;;; カーソルの位置が何文字目かを表示する
(column-number-mode t)

;;; カーソルの位置が何行目かを表示する
(line-number-mode t)

;;; 終了時にオートセーブファイルを消す
(setq delete-auto-save-files t)

;;; カーソルの点滅を止める
(blink-cursor-mode 0)

;;; スクロールバーを右側に表示する
(set-scroll-bar-mode 'right)

;;; タイトルバーにファイル名を表示する
(setq frame-title-format (format "emacs@%s : %%f" (system-name)))

;;; 現在の関数名をモードラインに表示
(which-function-mode 1)

;;; 同名のファイルを開いた場合、バッファに表示するファイル名にディレクトリ名を付与する。
(require 'uniquify)
(setq uniquify-buffer-name-style 'post-forward-angle-brackets)

;;;バッファのタブ表示
(require 'cl)
(require 'tabbar)

(setq tabbar-buffer-groups-function
(lambda (b) (list "All Buffers")))
(setq tabbar-buffer-list-function
(lambda ()
(remove-if
(lambda(buffer)
(unless (string= (buffer-name buffer) "*scratch*")
(find (aref (buffer-name buffer) 0) " *"))
)
(buffer-list))))
(tabbar-mode)

(setq tabbar-home-button-enabled "")
(setq tabbar-scroll-right-button-enabled "")
(setq tabbar-scroll-left-button-enabled "")
(setq tabbar-scroll-right-button-disabled "")
(setq tabbar-scroll-left-button-disabled "")

(dolist (func '(tabbar-mode tabbar-forward-tab tabbar-forward-group tabbar-backward-tab tabbar-backward-group))
(autoload func "tabbar" "Tabs at the top of buffers and easy control-tab navigation"))
(defmacro defun-prefix-alt (name on-no-prefix on-prefix &optional do-always)
`(defun ,name (arg)
(interactive "P")
,do-always
(if (equal nil arg)
,on-no-prefix
,on-prefix)))
(defun-prefix-alt shk-tabbar-next (tabbar-forward-tab) (tabbar-forward-group) (tabbar-mode 1))
(defun-prefix-alt shk-tabbar-prev (tabbar-backward-tab) (tabbar-backward-group) (tabbar-mode 1))

;TABでバッファ切り替え
(global-set-key [(control tab)] 'tabbar-forward)
(global-set-key [(control shift iso-lefttab)] 'tabbar-backward)

(set-face-attribute 'tabbar-default-face nil :background "gray60")
(set-face-attribute 'tabbar-unselected-face nil :background "gray85" :foreground "gray30" :box nil)
(set-face-attribute 'tabbar-selected-face nil :background "#f2f2f6" :foreground "red" :box nil)
(set-face-attribute 'tabbar-button-face nil :box '(:line-width 1 :color "gray72" :style released-button))
(set-face-attribute 'tabbar-separator-face nil :height 0.5)
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。