QLOOKアクセス解析
ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  その他  »  CentOS6.2の日本語環境設定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS6.2の日本語環境設定

CentOS6.2の日本語環境設定。
Windows7(64bit)上でVMWare Playerでインストールしています。

利用可能な日本語ロケールを確認
locale -a | grep ja


日本語パッケージのインストール
yum -y groupinstall "Japanese Support"


システムの文字セットを変更
/etc/sysconfig/i18n を以下のように設定
LANG="ja_JP.UTF-8"


反映と確認
source /etc/sysconfig/i18n
echo $LANG


あとは再起動をすれば反映されます。

日本語入力への切り替えは Ctrl + スペースか半角/全角キーで行えます。
Comment
thank you
おかげさまでできました!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。