QLOOKアクセス解析
ホーム   »  2012年02月
Archive | 2012年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOSでのRails環境構築手順

CentOSでのRails環境構築手順です。
とりあえず以下の順序で実行していけば同じ環境であれば
問題なくインストールが完了するはず・・です。

◆構築した環境
CentOS(64bit): 6.2
sqlite: 3.7.10
ruby: 1.9.3
rails: 3.2.1
JavaScriptRuntime: Node.js(V8)

◆事前準備
まずはrubyの古いバージョンが無いか確認。
あれば消しておく。
rpm -qa | grep ruby
yum list | grep ruby

g++のインストール
yum install gcc-c++

yaml0.1.4のインストール
cd /usr/local/src
wget http://pyyaml.org/download/libyaml/yaml-0.1.4.tar.gz
tar xvfz yaml-0.1.4.tar.gz
cd yaml-0.1.4
./configure
make
make install

zlibのインストール
yum -y install zlib-devel
cd ruby-x-x-x/ext/zlib/
ruby extconf.rb -—with-zlib-include=/usr/include —-with-zlib-lib=/usr/lib
make
make install

openssl-develのインストール
yum install openssl-devel
cd ruby-x.x.x/ext/openssl
ruby extconf.rb --with-openssl-dir=/usr/local/ssl
make
make install


◆sqliteのインストール(3.7.10)
wget http://www.sqlite.org/sqlite-autoconf-3071000.tar.gz
tar xvzf sqlite-autoconf-3071000.tar.gz
cd sqlite-autoconf-3071000
./configure
make
make install
"sqlite3 -version"で起動とバージョンの確認。

◆rubyのインストール(1.9.3)
cd /usr/local/src
wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-rc1.tar.gz
tar zxvf ruby-1.9.3-rc1.tar.gz
cd ruby-1.9.3-rc1
./configure
make
make install
"ruby -v"で起動とバージョンの確認。
gemは一緒にインストールされる。

◆sqlite3のドライバパッケージのインストール
gem install sqlite3


◆railsのインストール(3.2.1)
gem install rails
"rails -v"で起動とバージョンの確認

◆railsの動作確認
rails new testrails
cd testreils
rails server

Could not find a JavaScript runtimes.
See https://github.com/sstephenson/execjs for a list of available runtime.
というエラーが発生。
JavaScriptのランタイムを入れてあげる。

wget http://nodejs.org/dist/latest/node-v0.6.11.tar.gz
tar xzvf node-v0.6.11.tar.gz
cd node-v0.6.11
./configure
make
make install

再度 rails server で起動して
http://localhost:3000
にアクセスして起動を確認する。

◆参考
Rails3 事始め CentOS 5.7 に ruby 1.9.3 と Ruby on Rails 3.1.3 をインストール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。