QLOOKアクセス解析
ホーム   »  ruby/rails
Category | ruby/rails

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Chart Toolでグラフ作成

redminのプラグイン作成中で、グラフ描画に何を使おうかと
思っていたのですが、Google Chart Toolが良さそうなので採用。
●グラフの種類が豊富で奇麗。
●特にインストール不要でシンプル。
●日本語も問題なし。
●AJAXを使ってインタラクティブな図が作成可能
弱点はgoogleとの通信が必要。googleの事なのでいつ仕様が変わるか不明。

こんなグラフが作成出来ます。
Charts Gallery – Google Chart Tools – Google Code

こっちはGoogle Chart Toolのデバッグが出来るのですが、
様々なサンプルがあり、参考になります。かなり奇麗で色々なグラフが作成出来ます。
Google Code Playground

リクエストパラメータで指定するやり方、JSを使って作成するやり方がありますが
JSを使ったやり方の簡単なメモ。

railsで使う場合、普通にやるとViewで色々コードを埋め込んで
JSにパラメータを渡さないと行けなくなるので、今回は gon というgemを使います。
このgemを使うとシンプルにControllerからデータを受け渡す事が可能になります。

gonについて詳しくは以下を参照。
https://github.com/gazay/gon
https://github.com/gazay/gon/wiki

まずはgemのインストール。
Gemfileに以下を追加。
gem 'gon', '3.0.5'
インストール実行。
$ bundle


app/views/layouts/application.html.erbにインクルードの追加。
<head>
<title>some title</title>
<%= include_gon %>
<!-- include your action js code -->

これで gon が使えるようになります。

簡単なグラフの作成。コントローラ側でデータを準備。
格納する変数名は任意でOK。
gon.graph_dataにサンプルデータを格納。
# データテーブルの作成
gon.graph_data = [
['年度', '売上', '費用'],
['2004', 1000, 400],
['2005', 1170, 460],
['2006', 660, 1120],
['2007', 1030, 2000]
]
表示するerbファイルに以下を記載。
<!-- AJAX API のロード -->
<script type="text/javascript" src="https://www.google.com/jsapi"></script>
<script type="text/javascript">

// Visualization API と折れ線グラフ用のパッケージのロード
google.load("visualization", "1", {packages:["corechart"]});

// Google Visualization API ロード時のコールバック関数の設定
google.setOnLoadCallback(drawChart);

// グラフ作成用のコールバック関数
function drawChart() {

// データテーブルの作成
var data = google.visualization.arrayToDataTable(gon.graph_data)

// グラフのオプションを設定
var options = {
title: '会社業績'
};

// LineChart のオブジェクトの作成
var chart = new google.visualization.LineChart(document.getElementById('chart_div'));
// データテーブルとオプションを渡して、グラフを描画
chart.draw(data, options);

}
</script>


これだけで奇麗がグラフが出力されます。
スポンサーサイト

Sublime Text 2で拡張子別にタブサイズを変更する

Sublime Text 2で拡張子別にタブサイズを変更する方法。

デフォルトではタブサイズは4なのですが、Rubyの世界ではタブサイズは2が標準。
Rubyモードはあるのですがタブサイズはデフォルトなので変更する。

・タブサイズを変更したい対象の拡張子のファイルを開いておく。
 例えば今回はRubyのタブサイズを変更したいので xxx.rb のファイルを開いておく

・メニューから
 Sublime Text 2 -> Preferences -> Settings - more -> Syntax Specific - User
 を選択する。
 すると今の拡張子ファイルのための設定ファイルが開く。
 Rubyだと「Ruby.sublime-settings」

・以下のように入力
{
"tab_size": 2,
"translate_tabs_to_spaces": true
}




[書評]Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング

Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング
http://www.amazon.co.jp/dp/4774146633

を読み終わりました。
著者は日本人の方ですが、Rails3関連の書籍は少ないので大変ありがたいです。

サンプルアプリを作りながら学ぶ・・・といったタイプの本ではなく
どちらかというとリファレンス的な内容です。
対象は入門者向けですね。

最初の環境セットアップ、基本的な技術から網羅的に押さえられているので
初心者の方でもすんなり入れると思いますが
具体的に色々やりながらというタイプではないので、この本だけだと少し退屈するかも知れません。

初心者向けただと思うのでリファレンス的な部分をもう少し減らして
具体的なサンプルを増やしてくれた方がわかりやすいかな?と思いました。

あとは日本人の方の書籍なので、海外の方の書籍に比較して真面目な感じなのが
個人的には残念。海外の方のポップな感じの内容が個人的には好みだったりします。

Railsを理解するためには一通りの情報は記載されており、
丁寧に解説されているので、最初に1册にはおすすめです。

OS X Mountain Lion (10.8.2)でのRails環境構築


OS X Mountain Lion (10.8.2)でのRails環境構OS X Mountain Lion (10.8.2)でのRails環境構築メモです。
OSS
OS X Mountain Lion での Rails 環境構築メモです。

インストールするものは以下になります。
rbenvを使うのでrvmがインストールされている場合は削除して下さい。

1.Xcode (4.5.2)
2.CommandLineTools
3.GCC (4.2)
4.Homebrew
5.rbenv
6.Ruby (1.9.3-rc1)
7.Ruby on Rails (3.2.11)

▼XCode (4.5.2)
AppStoreからインストールするだけ。

▼Command Line Tools
 Xcode のメニューから
 Xcode > Preferences を選択。
 Downloadsタブに「Command Line Tools」があるので
 そこからインストールする。

▼GCC (4.2)
XCode4.2からGCCがLLVM GCCに変わってます。
rubyのインストールにはGCCが必要になるので、
以下からGCCをダウンロードしてインストール。
https://github.com/kennethreitz/osx-gcc-installer/downloads

LLVMの解説はこちら↓
http://blog.fenrir-inc.com/jp/2011/07/llvm.html

▼Homebrew
 ターミナルから以下のコマンドを入力してインストール。
 途中に管理者パスワードを聞かれます。
ruby -e "$(curl -fsSkL raw.github.com/mxcl/homebrew/go)"

以下のコマンドでインストール確認。
brew -v

問題がないかのチェック。
brew doctor
Your system is raring to brew. と表示されればOK.

▼rbenv
rubyのパッケージ管理ツールです。
詳しくは以下のサイトを参照。
rbenv と RVM との違い
http://passingloop.tumblr.com/post/10512902196/difference-between-rbenv-and-rvm
brew update
brew install rbenv

~/.bash_profileに以下の文を追加
if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi

~/.bash_profileの再読み込み
source ~/.bash_profile

ruby-build のインストール
brew install ruby-build

▼ruby (1.9.3-rc1)
rbenvを使ってインストールします。
インストール可能なバージョンを知りたい場合は以下のコマンドで。
rbenv install -l

ここでは 1.9.3-rc1 をインストールします。
rbenv install 1.9.3-rc1

rubyのバージョンを切り替えます。
rbenv global 1.9.3-rc1

切り替わっているか確認。以下のコマンドでインストールした
バージョンに切り替わっていればOK。
ruby -v

gemもアップデートしておく。
gem update


▼Ruby On Rails (3.2.11)
gem install rails --no-ri --no-rdoc


バージョンを指定したい場合は、以下のようにバージョンを指定。
gem install rails --no-ri --no-rdoc -v 3.1.0


これで完了!!

gruffを使ってみる

RedmineのEVMプラグイン作成に向けて学習中。
とりあえずグラフ作成ライブラリの学習。Flash形式のグラフは綺麗で良さそうですが
Webから簡単に画像が保存したい気もするので gruff を利用することにする。

◆環境
os: centos6.2
gruff: 0.3.6
ImageMagick: 6.5.4.7
rmagick: 2.13.1

◆インストール方法
gem install gruff

yum install ImageMagick
yum install ImageMagick-devel

gem install rmagick

ライブラリの使い方自体はGoogleで検索。

◆日本語表示について
フォントがないと文字化けする場合があります。
対応方法については以下に説明されているので参考にしてください。
rubyでグラフ!(with Gruff) (マルッと!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。