QLOOKアクセス解析
ホーム   »  データベース
Category | データベース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gitとGitHubの使い方

git/GitHubの使い方。
ここでは既にローカルで作成済みのファイルを
GitHubで管理するところまでを説明。

GitHubのアカウント、リポジトリは
あらかじめ作成済みのものとします。

▼ユーザ名とe-mailの設定
git config --global user.name "Your UserName"
git config --global user.email "Your Email"

▼ログ出力などをカラーにして見やすくする。
git config --global color.ui auto

▼ローカルのフォルダをgitの管理対象にする。
対象のフォルダに移動して以下のコマンドを実行。
ここでは ~/gitwork を管理対象としてます。
管理しないファイルを指定する場合は、管理対象フォルダの
トップフォルダに「.gitignore」を作成して指定します。

cd ~/gitwork
git init

ちなみに、既にリポジトリで管理されているファイルを
変更したい場合は、以下のコマンドで取得します。
git close <リポジトリ名>

▼作業フォルダ配下のファイルをバージョン管理に追加。
git add .

▼バージョン管理対象野ファイルをリポジトリにコミット。
git commit -m "Your first Commit"

▼SSHの作成とGitHubへの登録。
以下のGitHubのヘルプを参照。
https://help.github.com/articles/generating-ssh-keys

▼GitHubにPushする。
git remote add origin https://github.com/①/②
git push origin master
# ①はあなたのGitHubのID.
# ②はリボジジトリ名 + ".git"
# 例:https://github.com/mygithubid/myrepo.git

▼参考URL
分散バージョン管理システムGitの使い方入門 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載

サルでもわかるGit入門 〜バージョン管理を使いこなそう〜 | どこでもプロジェクト管理バックログ

gitとgithubの使い方、を思い出す。 - KJ blog

github 超入門 - glasses factory

Gitを使いこなすための20のコマンド - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載

スポンサーサイト

MySQLのログでRedmineのDB構造を解析する

Redmineのテーブル構造は適当なツールを使って
リバースすれば出来ます。

次にどの操作でどのテーブルが編集されるのかを知ることが
構造理解の早道です。

というわけでMySQLでクエリログを保存する方法です。
設定方法はコマンド、設定ファイルで実施する方法がありますが
ここでは設定ファイルで設定する方法を説明します。
MySQLのバージョンは5.5を利用しています。

まず設定ファイルは以下になります。
MySQLのインストールフォルダ\my.ini

そのファイルの mysqld セクションで設定します。
[mysqld]
log=query.log


上記のように指定すると query.log というファイルにクエリログが出力されます。
ファイル名は任意です。

どこに出力されるか?ですが
同じく mysqld セクションにある datadir で指定されたフォルダに出力されます。
Windows7 64bit + MySQL5.5の環境のデフォルト設定だと
以下のフォルダが指定されています。
#Path to the database root
datadir="C:/ProgramData/MySQL/MySQL Server 5.5/Data/"

ぱっと見、"Program Files"と思ってしまいますが "ProgramData" という
WindowsXPまでは見慣れないフォルダなので注意してください。

ログには何種類かあるのですが更新系のログだけ欲しい場合は
バイナリログを使用します。
上と同じように mysqld セクションで指定します。
log-bin=mysql-bin #ファイル(DB)名
log-bin-index=mysql-bin.index #ファイルインデックス名
max-binlog-size=256M #ローテーションサイズ
expire-logs-days=7 #保存期間

バイナリログはバイナリ形式なので参照する場合は
mysqlbinlog 
ツールを使って下さい。

MySQLのログの詳細については以下の資料がとても詳しいです。
http://h50146.www5.hp.com/products/software/oe/linux/summary/reference/pdfs/mysql-50-mgmt-v10.pdf

mysqlのODBC設定 - Windows64bit版

VBAでMySQLからデータ集計をしようと考えたのですが
ODBC設定で少し詰まったのでメモしておきます。

環境は以下になります。
・Windows7 64bit版
・Excel 2007
・MySQL 5.5.9
・ODBCDriver 5.1.8 (Windows64bit版)

ODBCを使おうと管理ツールからDSNの設定をしたのですが
VBAを実行すると
「指定されたDSNには、ドライバーとアプリケーションのアーキテクチャの不一致が含まれています」
とのエラーが表示され実行が出来ず(*_*;

原因としては管理ツールとして
①C:\Windows\SysWOW64\odbcad32.exe 64bit版
②C:\Windows\system32\odbcad32.exe 32bit版
の2つがあるのですが、コントロールパネルの管理ツールから設定した場合、
何故か②が動作しているようでエラーが発生しているようでした。

①を直接起動してDSN設定すると解決します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。